Pocket

投資型のクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は資産運用における分散投資においても最適な存在です。

資産運用には、株・投資信託・国債・インデックスファンド・IPOなど様々ありますが、その中においても分散投資というくくりで特に有効です。

なぜ分散投資に適しているのか?今回はその理由についてまとめました。

商品のバリエーションが広い

資産運用の商品はどれだけ安全と言われても、世界経済や市場の影響は避けられません。

いわゆる金融商品は、株や投資信託に代表されるように市場の動きで変動します。
その意味では、それらの商品の性質は似ているということができます。

一方で投資型クラウドファンディングの特徴は、金融商品の種類が豊富な点にあります。

投資型クラウドファンディングとはに書かれている通り、複数のタイプがあり、さらにその中でも様々な投資商品があります。

市場の影響を受けにくい商品とは?

例えばトランクルーム投資や不動産担保付きの不動産投資など、先に挙げたような市場に影響されにくい商品もあるため、分散投資先として非常に効率的です。

資産運用において分散投資は必要不可欠ですが、株や投資信託といった同じジャンルの中で分散するのではなく、投資型クラウドファンディングのような別ジャンルの分野を確保しておくと、本当の意味でのリスクヘッジになります。

投資型クラウドファンディングは少額投資が可能

資産運用の代表格に投資信託がありますが、最大のネックは必要資金の高さでした。

近年はネット証券の台頭で、比較的少ない金額でも投資信託に投資できるようになりましたが、それでも基本的にはある程度のお金がなければ効果的とは言えません。

一方で投資型のクラウドファンディングは初めから少額投資でも効率的に運用できるための枠組みが採用されています。少ないものでは1万円から投資可能な場合もあります。

少額投資でも費用対効果は高いのはなぜ?

基本的には中間マージンの廃止による手数料・コストの削減。
こうした徹底したコストカットにより、好利回りを実現しています。

投資型クラウドファンディングでは探して行くと、好利回りの案件を目にすることがあります。
すぐに売り切れますが、これらに投資できれば少額投資でも効率的な資産運用が可能です。

このように少額投資で効率的な資産運用ができるため、株やIPO、投資信託と組み合わせて利用するとポートフォリオの幅が更に広がります。

ソーシャルレンディングはライバルが少ない

投資型のクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は金融革命フィンテックと呼ばれるサービスです。そのためまだ一部の投資家にしか知られていません。

基本的に投資は人と同じことをして稼げるということはありません。

現時点で資産運用で最も人気があるのはIPO(新規公開株)であり、既に投資されている方もいるかもしれませんが、近年は競争率の激化により旨味はほとんどなくなったと言われます。

大切なことは人よりも半歩早いこと

クラウドファンディング投資はその意味で、まだ競争率は高くありません。
今のうちから始めれば他人より半歩先に進むことができます。

他者よりも一歩早い必要はなく半歩早く情報を掴めれば充分です。

その意味で投資型クラウドファンディングを利用するということは、時代を先取りしている状態と言えます。ライバルが少ない状況では、その分の投資妙味があります。

レッドオーシャンの人気株を買うよりも、ブルーオーシャンの投資型クラウドファンディングで有望案件を探す方が効率的なのは、誰の目からみても明らかでしょう。

まとめ

投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)が分散投資に最適な3つの理由をまとめると以下の通りです。

  • 商品のバリエーションが広い
  • 少額金額で効率良く投資できる
  • ライバルが少ない

いかにバランスよくリスクを負えるか?

投資である以上、リターンを得るためにリスクは不可欠ですがそれは株や投資信託も同じです。

投資型クラウドファンディングは、少額投資ができるためリスクコントロールが可能です。
異なるジャンルの商品に投資できるためポートフォリオのバランスも高まります。

全ての金融商品に言えることですが、集中投資はリスクを伴います。
その意味ではバランス良く金融商品を運用することが資産運用の成功の鍵です。

多くの手札を持つ人が豊かになれる!

ソーシャルレンディングでは期待利回りの高い商品はすぐに売り切れてしまうため、頻繁にチェックしなければならないのは難点ですが、その分のリターンはあります。

資産運用では株・投資信託・国債・インデックスファンド・IPOなどさまざまあります。
より多くの手札を持ち、その中でベストな選択を出来る人が投資で豊かになれます。

投資型のクラウドファンディングについても人よりも早く始めることが大切です。

投資の世界ではスピードが全てです。できる限り早く手札を増やし、分散投資に組み込むことで資産を増やしていきましょう。

今、人気のクラウドクレジットをご存じですか?

投資型クラウドファンディングの『クラウドクレジット』は様々な国への投資が、誰でも簡単にできます。

世界中の事業者に投資でき、期待利回りは6%~12%の好利回りが実現。
伊藤忠商事が株主におり、安心して投資できます。

人気のクラウドクレジットの利用は、下記を見れば簡単です。
まだの方はぜひ押さえておきましょう。

クラウドクレジットのメリット、評判、始め方の徹底解説

 

Pocket