Pocket

ソーシャルレンディングは高利回りな商品がありますが、その分リスクもあります。

こうしたリスクを抑えながら、高利回りに投資するには「分散投資」が必要になります。

1つの商品に集中するよりも、2つ以上の商品に投資した方がリスクが軽減し、伸びしろの高い商品に出会える可能性も高まります。

また、ソーシャルレンディングは他の金融商品より維持費や手数料がかかりません。

その意味で、ソーシャルレンディングでは分散投資に対する考え方は極めて重要です。

今回はソーシャルレンディングにおける「3つ分散投資方法」についてまとめました。

1つのソーシャルレンディングサービス内で分散投資をする

非常にスムーズかつ、効率的な分散投資として1つのソーシャルレンディングサービス内で行う方法があります。

例えば高利回りで知られるクラウドクレジットの場合、さまざまな国に投資することができますが投資先の事業内容もさまざまです。

利回りが高いものが1番とは限らない

国の財政が豊かで知られるペルーの案件は、クラウドクレジット内では中レベルの利回りですが安定感が期待できます。

実際にクラウドクレジットでも力を入れている案件で、現地で提携する企業『Kobaranzas』も高い実績を誇ります。ペルーではクラウドクレジットのチームを作り、多くのコールセンターが設置されるほど環境もしっかりとしています。

一般的にはより利回りが高い商品に投資したくなるものですが、上記のペルー案件に分散させるとよりリスクが軽減されて安心感が生まれます。

ペルー案件については期待利回りも9.5-11.1%程度と良水準で、分散投資としても最適です。

このように同じサービス内でも商品を見極めて分散投資していくと、リスクを抑えた投資が可能になります。

他のソーシャルレンディングのサービスと分散投資する

他のソーシャルレンディングービスとの分散投資も非常に理にかなっています。

前述したクラウドクレジットの場合、大枠では『海外特化型』になりますが、他のサービスには『不動産特化型』『株式特化型』など存在します。

この分散投資のメリットは、まったく異なる分野に投資することになるため、よりリスクが軽減できる点になります。

異なるサービスで高利回りが期待できる商品をいくつか確保できる場合は、非常に有効な分散投資になり得ます。

情報収集力が求められる

他のサービスと併用することのデメリットとしては情報収集が求められる点になります。

ソーシャルレンディングのサービス、商品の数は非常に多く、利回りや実績を調べていく作業には労力と時間がかかります。

特にサービスを提供する会社の運用実績は注意深く観察する必要があります。

前述したクラウドクレジットの場合、伊藤忠商事・マネックス証券が出資していることから会社としての信頼と安心感があります。

当サイトでまとめているソーシャルレンディングのサービスは、利回り・実績をもとに掲載し、まとめていますので参考にして頂ければと思います。

他の投資と分散投資する

こちらはソーシャルレンディング以外の投資と組み合わせる手法になります。

投資先はさまざまで、株式・配当株・投資信託・債権・インデックス投資・IPO(新規公開株)などが代表的です。

どれが正解ということはありませんが、高利回りという観点で注目なのは『米国株式の配当株』になります。米国の配当志向は非常に進んでいることで知られます。

連続増配企業も多く、日本株と比較にならないほど好利回りの株がいくつも存在します。

代表株を挙げておくと以下の通りです。

銘柄名 事業内容 配当
利回り
シードリル バミューダの陸上油田採掘業者 10.60%
ウィンドストリーム ホールディングス 通信会社 8.70%
ニュー ヨーク コミュニティ バンコープ ニューヨークを拠点とする銀行 6.30%

株式投資である以上、リスクがありますが分散投資の1つとしては最適です。

利回りとしてはソーシャルレンディングと同レベルと言えますが、分散することでリスクが軽減することが可能です。

その他の投資としては、IPO(新規公開株)のようにローリスクハイリターン投資を組み込むこともおすすめです。

ソーシャルレンディングの投資法まとめ

ソーシャルレンディングにおける分散投資の重要性、その方法について今回まとめました。

分散投資の方法についてはいくつかありますが、どんな投資にもリスクは生じます。

よって「自分はどれだけリスクが取れるか?」を考慮すれば最適な答が出るはずです。

ソーシャルレンディングは大きな手数料がかかりませんので、ある程度は分散投資する方が理にかなっていると言えるはずです。

上手にリスクを抑え、資産の最効率化を図っていきましょう。

小さなディテールを積み重ねることで大きなリターンが期待できるはずです。

Pocket