Pocket

crowdcredit-seminar

クラウドクレジットの懇親会に参加してきましたので情報を共有できればと思います。

クラウドクレジットについては、世界投資できる稀有なソーシャルレンディングとして高い注目を集めています。

ソーシャルレンディングに投資したい方、既にされてる方にとって一番気になるのは会社の顔ではないかと思います。特に『信頼して資産を預けられるか?』は重要です。

今回は、クラウドクレジットの懇親会を通じて、企業の雰囲気をご紹介したいと思います。

クラウドクレジットの懇親会の内容について

クラウドクレジットでは頻繁にセミナーが行われていますが今回は懇親会に近い雰囲気。

参加者が社員や運用担当者の方と自由に対話できる形式になっているため、企業のことを知るには絶好の機会になります。

社長も含めたあらゆる社員の方々と、おしゃべりができてしまうわけです!

懇親会のような内容に加え、クラウドクレジットが力を入れる『ペルーの投資案件』についても魅力や裏話を聞くというのがセミナーの趣旨でした。

この懇親会で特に理解が深まった点が下記になります。

  • 会社の雰囲気
  • 投資商品

企業のHPだけでは分からないことがありましたので、簡潔にレポートしたいと思います。

クラウドクレジットの企業の雰囲気

実を言うとセミナーに参加する前、とても緊張していました。
セミナーは自由に質問できるという話でしたがどんな企業か想像できなかったからです。

ただ、懇親会会場に着いた途端、そんな不安は吹き飛びました。

というのもスタッフの方々が気遣いができて温かかったからです。

そもそも社員の方や運用担当者の方と気兼ねなく話せるような状況は滅多になく、こうした場が設けられていること自体が新鮮でした。

社員の方々は本当に素敵で、企業の雰囲気はかなりよいと思います。

crowdcredit-seminar2

企業の雰囲気は一言で言うと、とても洗練されていて好感が持てます。

スタッフの方々の年齢層は幅広いですが、アットホームな雰囲気だったのも印象的でした。

日本の方以外もいて、イメージとしては海外の先端企業が連想されます。
優秀な人材はスカウトしているのかな?と感じました。

お話を聞いていいても、スタッフ同士の一体感が感じられます。

中にはクラウドクレジットに就職したい、という方もいて人気も感じました。

商品開発、運用社員の方々が熱い

良い雰囲気を作って頂いたおかげで緊張が解け、懇親会では自分からどんどん積極的に質問することができました。

総務・商品開発・運用担当の方にいたるまでお話しを聞くことができ、当初では考えられないほどの収穫がありました。とにかく、社員の方々の秘めたる熱い思いが印象的でした。

ここでは書ききれませんが、一つの商品の企画から実行まで、とてつもない努力とリサーチに基づいていることが伝わってきました。

苦労話のような裏話を聞けたのも良かったです。

1人1人が優秀なだけではなく気遣いもでき、安心して資産を任せられるなと感じました。
そう感じた方は多かったと思います。

クラウドクレジットの投資商品について

クラウドクレジットの商品については、私自身も口座を開設していて詳しく知っていましたが、実際に社員の方とお話することでより理解が深まりました。

クラウドクレジットの商品については、

  • 海外特化型
  • ソーシャルレンディングの中でも期待利回りが高い
  • 為替ヘッジがしっかりしている

といった認識があり、元々良いサービスだと感じていました。

ただ、セミナーのおかげで新しい発見もありました。

投資先は入念な準備の元に選定されている

クラウドクレジットの投資国を見ていくと、カメルーン・ペルー・エストニア・フィンランドなど馴染みのない国々も存在します。

これらは理由があり、例えばペルーの場合は財政豊かで支援の多い背景を加味して投資をしていたり、『オリジネ―ター』と呼ばれる現地の提携会社を選定する際も、事前リサーチや現地で実際に会って確認するなど、入念な準備をしていることが分かりました。

ペルーの投資案件は、クラウドクレジットの提携会社であるKobranzas社が同国の貿易・観光大臣から表彰されおり、枠組みがしっかりしています。

クラウドクレジットが企画から運営まで、労力と時間をかけて準備を行っていることは実際に話して体感するところでした。

企業としての将来性について

他の投資家の方のお話を聞いていると『投資期間が短い商品が欲しい』という要望や『為替ヘッジ先を分散して欲しい』という要望が挙がっていました。

社員の方々はそうした声にも耳を傾けていましたので、海外型のソーシャルレンディングとしてより一層サービスの質が高まっていくことでしょう。

投資先についても海外ということで選択肢が多く、これからが本番という感じがしています。

いずれにせよ、投資家と企業がディスカッションできる場は貴重だなと感じました。

クラウドクレジットの企業の雰囲気は素晴らしい

crowdcredit-seminar3

東京駅周辺で行われた懇親会で、家から遠く道に迷ったりしてしまいましたが大変な想いをしても行って良かったと思います。

通常の懇親会とは異なり、顔を合わせて対話できたのは何よりも貴重な体験でした。

ソーシャルレンディングは会社の顔が大切!

投資家の方々の中にも『会社の顔を見に来た』という方が何人かいましたが資産を預ける以上、ソーシャルレンディングでは信頼性が前提になると思います。

ファンド運用を任せる場合、その会社の顔・ビジョンが見えることが重要です。

クラウドクレジットには『世界の資金需給をつなぐことで社会を豊かにする』というビジョンがあり、それを実現するだけの土壌があります。

伊藤忠商事など大手が出資する理由も実感することができました。

、『信頼性』という意味でクラウドクレジットは安心して任せられる会社です。

クラウドクレジットには安心感がある

期待利回りの高さも魅力ですが、会社としての将来性・魅力も感じられました。
今回のセミナーに限らず、運用報告会なども行っているので、とにかく安心感があります。

今回のセミナーレポートは、あくまでも私の視点でクラウドクレジットの断片を伝えたに過ぎませんが、これから投資したい!という方の参考になれば幸いです。

クラウドクレジットの始め方はこちら

クラウドクレジットは様々な国への投資が、誰でも簡単にできます。

世界中の事業者に投資でき、期待利回りは6%~12%の好利回りが実現。
伊藤忠商事が株主におり、安心して投資できます。

クラウドクレジットの利用法は、下記を見れば一目で分かります。

クラウドクレジットのメリット、評判、始め方の徹底解説

 

Pocket