Pocket

クラウドファンディングの種類をまとめました。

この種類については複雑で混乱しがちなので整理しておきたいと思います。

クラウドファンディングはさまざまなジャンルがあり、当サイトで扱うソーシャルレンディングも「投資型クラウドファンディング」のジャンルに該当します。

その他にはどんな種類があるのでしょうか?
こちらではクラウドファンディングの種類をご紹介していきたいと思います。

そもそもクラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは、個人・企業問わず群衆(crowd)から資金調達(funding)することを指します。辞書を見ると「ネットを通じて不特定多数の人が第三者にお金や資産などの提供」ともあります。

いわゆる募金を広範囲で行えると考えると分かりやすいかもしれません。

誰もがインターネットを活かして資金集めができる仕組みは大きな広がりを見せています。

クラウドファンディングの種類について

クラウドファンディングの種類を細分化すると以下の3通りになります。

1.寄与型

2.投資型(融資型・貸付型)

3.購入型

一般的に有名なのが「寄与型」「投資型」のクラウドファンディングになります。

分かりやすく言えば寄与型は無償でお金を提供し、投資型は投資をする形でリターンを期待する性質があります。購入型についてはリターンが得られるという点で、投資型に近いと言えます。

1.寄与型クラウドファンディング

crowdfunding3

「寄与型クラウドファンディング」は個人・企業問わず日本でもアイデアであふれ広く浸透しています。恵まれない新興国への寄付から、地域復興プロジェクトまで本当にさまざまです。

若年層アニメ制作者のキャリア形成の応援など、これまでにない支援の形も生まれています。

コンセプトや内容が共感されることで多くの資金を集めることも可能で、新しい資金集めの形として注目されています。

プロジェクトの例

・東日本大震災復興支援財団の活動支援
・NPO・社会起業家支援プロジェクト
・動物殺傷ゼロプロジェクト
・国境なき子どもたちの活動支援

※上記では挙げきれないほ多種多様なプロジェクトがあります。

寄与型クラウドファンディングの代表的なサービス

JapanGiving(ジャパンギビング)
Readyfor(レディーフォー)

2.投資型クラウドファンディング

投資型クラウドファンディングは、融資型クラウドファンディング・ソーシャルレンディングとも呼ばれ2016年以降急速な広がりを見せ始めています。

株式などと性質は似ていますが、市場の影響が受けにくいこと・ウェブを活かすことで諸経費を軽減し好利回りを実現している点が特徴です。

crowdfunding4

そして何よりも、従来の金融商品の枠組みを超えたさまざまな商品が出てきています。
数万円の低額で海外投資ができるのも特徴です。

ただ、株式と同じように元本割れリスクがあるのでその点は注意が必要になります。また、案件によっては貸し倒れが起こる可能性があり、それらに対するリスク管理が必要になります。

厳密には融資型・貸付型クラウドファンディングという呼ばれ方もありますが、それらを総称して投資型と呼ばれていることが主流です。

プロジェクトの例

・不動産担保付きローンファンド
・事業性資金支援ローンファンド

※大別すると「不動産」「金融」「企業融資」が主のジャンルになります。

投資型クラウドファンディングの代表的なサービス

maneo
SBIソーシャルレンディング

3.購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングは、支援者が商品やサービスのプロジェクトに出資し、お返しとして商品やサービスが貰えるタイプのクラウドファンディングになります。

商品やサービスに出資することでその成長を見守り、出資額に応じてリターンが得られることからも、より一体感の高いクラウドファンディングと言えます。

crowdfunding1

プロジェクトも、「地方名物や特産品」「ファッションアイテム」「アイデア商品」など今までなかった発想のものが多いのが特徴です。出資者はパトロンとも呼ばれますが、資金を集めるためには、いかにファンになってもらうかが鍵になります。

アイデアのある方にとっては資金集めのチャンスになり、出資する側もワクワクした瞬間に立ち会えます。

プロジェクトの例

・保護猫カフェ「海ねこビーチハウス」のオープン
・日本語”初”オールカラー「中東料理レシピ」書籍化
・福島県応援キャラクター中通りく イメージソング製作

※寄与型と同様、上記では挙げきれないほど多様なプロジェクトがあります。

購入型クラウドファンディングの代表的なサービス

CAMPFIRE
makuake

投資型クラウドファンディングの位置づけは?

急速に広まる「寄与型」「購入型」のクラウドファンディングなどの種類と比べると、当サイトでご紹介している投資型クラウドファンディングはこれからが本番と言えます。

投資にはリスクがつきものであり、その分だけハードルは高いと言えます。

投資型クラウドファンディングは資産運用で注目を集める

投資と聞いてしまうと気軽に始められないという人もいるかもしれません。
しかしながら、資産運用という観点では、期待利回りの高さ・商品のバリエーションが豊富で、投資家から注目を集めています。

その意味では投資型クラウドファンディングも緩やかに成長しており、長期的には「寄与型」「購入型」に追いつと考えられます。

クラウドファンディングの種類まとめ

クラウドファンディングの種類についてみてきました。

既に大きな広がりを見せる「寄与型」「購入型」クラウドファンディング。
そして高い注目を集めつつある「投資型」クラウドファンディング。

それぞれ魅力は異なりますが共通する魅力は「新しい形の資金集め」を実現している点です。
また、出資する側としても、これまでにない新しい体験を得ることができます。

クラウドファンディングの醍醐味とは?

クラウドファンディングではこれまでにないプロジェクト・商品開発・事業に関わることでコンセプトを共有し、喜びや感動を共有できます。

資金を提供する側・される側にとっても「これまでにない新しい体験」ができることこそクラウドファンディングの醍醐味と言えるでしょう。

今、人気のクラウドクレジットをご存じですか?

投資型クラウドファンディングの『クラウドクレジット』は様々な国への投資が、誰でも簡単にできます。

世界中の事業者に投資でき、期待利回りは6%~12%の好利回りが実現。
伊藤忠商事が株主におり、安心して投資できます。

人気のクラウドクレジットの利用は、下記を見れば簡単です。
まだの方はぜひ押さえておきましょう。

クラウドクレジットのメリット、評判、始め方の徹底解説

 

Pocket