Pocket

このページではクラウドリース(Crowd Lease)の評判と特徴をまとめました。

ソーシャルレンディングの中でも独自性と、リスク管理がしっかりしているという印象がありますが、過去にセミナーで直接お話しを聞く機会があり、情報を共有したいと思います。

口コミで人気を高めてきている事業者であり、非常に注目です。

クラウドリース(Crowd Lease)とは?

crowdlease1

クラウドリースは成長性の高い事業支援型のファンドを取り扱うソーシャルレンディングです。

その内容は収益性の高い飲食業やアミューズメント事業を中心に、リースを行うというものであり、独自性があります。

なおクラウドリースの「リース」とは、機材や用品を貸すことを意味しています。

こうしたリースを行う他、事業支援として貸金業を行っているのがクラウドリースの最大の特徴となります。

国内で競合する事業者はいまのところありません。

クラウドリース(Crowd Lease)の利回り

クラウドリースの利回りは、5~8%と比較的良好な部類に入ります。

期待利回り:5~8%程度

その理由としては、前述した通り、業績好調な企業の多店舗展開を支援していることが背景にあります。

社長自身がリース業界にいたことで、リースに対する経験・目利き・リスクの取り方は群を抜いているため、好利回りで保全性が意識された商品を扱っていると言えます。

クラウドリースの保全性に対する口コミ

クラウドリースの口コミ

クラウドリースの評判を見ると、投資家からの資金を保存できるか?
遅延はないのか?とったリスクを心配している口コミが見られます。

例えば、クラウドリースが飲食店舗事業に支援する場合、店舗の入れ変えが激しい業界なので、リスクが高いと思ってしまう人もいるかもしまれません。

保全性を高めるさまざまな工夫を行う

しかし、クラウドリースでは不動産担保の代わりになる「物件」を抑えることで保全性を高めています。この工夫は評判を高めるポイントになっています。

また、アミューズメント事業においては、遊技台・スロットなどの台を担保にとって、さらに約束手形を用意することで保全性を高める工夫をしています。

クラウドリースは保全性に対する意識が高い点も評価できます。

クラウドリースに遅延や貸し倒れはあるか?

クラウドリースは、前述しているとおり保全性に対する意識が高いサービスです。

一方で、ソーシャルレンディングでは初の「リースサービス」となるため、前例がないという点はリスクがあると言えます。

ただし、社長自身がリースに精通していることからも安心感はあります。

現段階で遅延や貸し倒れはない

遅延については公式ページでは確認できませんが、「返済実績一覧」のページが用意されており、ローン返済実績やローンファンド運用状況について情報が記載されているため透明性が高いと言えるでしょう。

貸し倒れもこれまではありません。

なお過去に、返済が滞っているというメールが送られてきたという話がSNS上で話題になりましたが、誤送信だった模様で心配する必要はなさそうです。

クラウドリースの口コミや評判は?

クラウドリース(Crowd Lease)の口コミと評判は徐々に増えてきています。

まず、良い点としては数万円という、投資金額の低さが挙げられています。
一口数万円で、成長性の高い飲食業やアミューズメント業に投資できる点が評価されています。

成長が期待される中小企業やベンチャー企業に投資したいという声は多く、その点において良い評判が聞かれます。

登録ユーザーが少ないのがメリット

クラウドリースの評判の中に、「登録ユーザーが少ないのがメリット」という声もありました。

maneoマーケットと提携するなど信頼性が高い一方で、登録ユーザーは少ないので、好条件のローンファンドに投資がしやすいという側面があります。

即完売になるようなソーシャルレンディングと比べて、じっくりと好案件に投資できるのも魅力と言えるでしょう。

2016年に開始されたサービスのため、これからに期待する口コミも目立ちました。

クラウドリースの実際の評判をご紹介

クラウドリースに対する口コミをご紹介します。(一部Twitterより引用。)

クラウドリースはmaneoグループの中でも、利回りや対応が良い。

最近はクリック合戦が起こったり、注目を集めてきていると感じる。
これから伸びそうな事業者。

他のサービスに比べて、問い合わせに対する対応が丁寧で好感が持てました。他の事業者はテンプレートのような回答でも、クラウドリースは違いました。

wealthnaviの解約資金をmaneoに25万・クラウドリースに15万投資。 これでmaneoへの投資は400万。
税引き前で月2万の配当になりそうです(^^)
クラウドリースは10%の案件が大半なので、なるべく一部担保付き・保証付き案件メインに100万を目安に追加投入していこうと思います。

クラウドリースの年利10%案件が繰上返済になった。 ¥40,000が4か月に¥40,948になりました。 次再投資したいけどクラウドリースは今はいい案件ないなぁ。2か月の短期しかない。

ここ数日、ソーシャルレンディング会社の1つクラウドリースが気になる。利回りの良さと投資期間の短いファンド多いから初心者の自分にはイイかな?

maneoとクラウドリースから分配金〜〜 まだ2000円行くか行かないかくらいですけど毎月増えて行くのは嬉しい。

実際の口コミを見ても、評判は上々と言えます。

ちなみに初心者の方というよりも、大手サービスを利用した後の、二番手として投資される方が多いようです。

クラウドリース(Crowd lease)の会社概要

クラウドリースの親会社は「株式会社ダーヴィン」となっています。

ダーヴィンはリース事業の高いノウハウを持っており、設立も2000年であるため実績があると言えるでしょう。

また、クラウドリースの会社概要は以下の通りとなっています。

社名 株式会社Crowd Lease
設立年日 2015年10月
代表取締役 武谷 勝法
資本金 1億円
所在地 東京都港区東新橋2-6-6 汐留AZビル5F
電話番号 TEL:03-6809-1221 FAX:03-6809-1211

セミナーで感じたクラウドリースの魅力

crowdlease2

maneoが主催するセミナーでクラウドリースの代表の方からもお話がありましたが、本当にリース業に精通されているなという印象を持ちました。

また、何よりも目のつけどころが抜群に面白いと感じます。

例えば、飲食店などで利用されるマスクなどを外国から仕入れようとしても、銀行は貸し付けてくれません。

しかしながら、大きな需要が高まっている。
そこで運転資金が必要になるため、クラウドリースが必要とされるのです。

こうした話を聞いても、クラウドリースのやろうとしていることは、伸びしろが大きいと感じられました。とにかく他にはない個性があります。

クラウドリースはライバルが少ない点が評判!

クラウドリースは、開始間もないという点を除けば、おおむね評判も良好で、投資してみる価値があると感じます。

やはりライバルが少ないことが魅力であり、その点を評価する声もあります。

2016年にサービスが開始されているため、実績という点ではどうしても不安は残ります。

ただ、口コミにもあったように少額投資ができること、ユーザー数が少ないからこそ好案件にじっくりと投資しやすいメリットもありますので、注目する価値があるでしょう。

>>クラウドリース

今、人気のクラウドクレジットをご存じですか?

ソーシャルレンディングのクラウドクレジットは様々な国への投資が、誰でも簡単にできます。

世界中の事業者に投資でき、期待利回りは6%~12%の好利回りが実現。
伊藤忠商事が株主におり、安心して投資できます。

人気のクラウドクレジットの利用は、下記を見れば簡単です。
まだの方はぜひ押さえておきましょう。

クラウドクレジットのメリット、評判、始め方の徹底解説

 

Pocket