Pocket

株式型クラウドファンディングのおすすめ

クラウドファンディングという言葉は日本でも定着してきていますが、クラウドファンディングは大きく分けて3つの種類に分類されます。

日本では主に「寄付型」「購入型」のクラウドファンディングが目立っていますが、クラウドファンディングにはもう1つの種類が存在します。

それが「投資型」のクラウドファンディングです。

本記事では投資型クラウドファンディングとは何か?分かりやすく解説すると共に、おすすめをランキング形式で比較しながらご紹介していきます。

ランキングから確認したい方はこちらをクリック!

クラウドファンディングの種類をおさらい

まず「寄与型」と「購入型」クラウドファンディングは、金銭的なリターンを求めません。
「寄付型」では文字どおり寄付を行う感覚で資金を提供することになり、基本的に資金提供者はリターンを求めません。

「購入型」では、企業や個人のプロジェクトに賛同して個人が資金を提供しますがリターンは、商品やサービスにとどまります。

投資型は金銭リターンが期待できる

そして「投資型」クラウドファンディングでは、資金提供者は金銭的なリターンを期待して企業や個人に資金提供を行います。

さらに投資型クラウドファンディングには「貸付型」「ファンド型」「株式型」の3種類があり、それぞれが違った特色があるので押さえておきましょう。

投資型クラウドファンディングのおすすめは?

株式型クラウドファンディングのおすすめ2

投資型クラウドファンディングには3つの種類があります。

少し複雑ですが、ザッと押さえておきましょう。

貸付型クラウドファンディング

「貸付型」クラウドファンディングは、集まった資金を事業者に貸付ます。
資金提供者はその貸付た資金の返済利子をリターンとして享受する権利を持つことになります。
利回りが得られるため、非常におすすめです。

ファンド型クラウドファンディング

「ファンド型」クラウドファンディングでは、資金提供者は事業者から商品やサービスを受け取ったり、売り上げに応じた金銭的リターンを受けることになります。

つまりファンド型では、金銭と同時に商品も貰える可能性があるということです。しかし、ファンド型で得られる金銭は、事業者の売り上げに応じて支払われますので、投資額を回収できない可能性も十分にあります。

株式型クラウドファンディング

最後の「株式型」クラウドファンディングは、未上場企業への出資です。現在は普及していませんが、これからに注目のサービスです。

これらは投資と名がつく以上、メリットもあればデメリットも存在します。次は投資型クラウドファンディングのメリット、デメリットについて解説していきます。

投資型クラウドファンディングのメリットとデメリットを比較

投資型クラウドファンディングには多くのメリットとデメリットが多く存在します。

投資型クラウドファンディングを検討する場合には、メリットとデメリットを比較して自分にとってメリットが上回るか必ず確認しましょう。

利回りが高い

投資型クラウドファンディングのメリットは、まずその利回りの高さです。現在、銀行などの金融機関にお金を預けていても、金利は微々たるものです。しかし、投資型クラウドファンディングであれば、最低4パーセントから10パーセントと高利率が期待できます。

少額投資が可能

そして少額からの投資も受け付けているのがポイントです。投資と聞くと大きな金額を用意する必要があると思われがちですが、投資型クラウドファンディングは1万円からの投資も可能。
つまり、無理のない余剰資金で投資を始められます。

相場のチェックが不要

最後に、投資型クラウドファンディングではチャート確認などの相場チェックが不要です。一度投資を行えば、あとはリターンを待つだけです。相場の上がり下がりに一喜一憂する必要がなく、最も簡単な投資方法であるといえます。

以上が、投資型クラウドファンディングの大まかなメリットです。次は、デメリットについて解説していきます。

元本割れリスクがある

投資型クラウドファンディングは、事業が成功した場合、高い利回りでリターンが貰える反面、元本割れのリスクもそれなりに高いと考える必要があります。場合によっては投資先企業の倒産という最悪の事態も想定されますので、利回りだけに目を奪われてはいけません。

途中解約は原則できない

そして投資型クラウドファンディングでは、1度投資を行なった場合、運用期間中の途中解約は基本的にはできません。投資型クラウドファンディングを行う際は、必ず上記のメリット、デメリットを比較する必要があります。

投資型クラウドファンディングのおすすめ比較ランキング

投資型クラウドファンディングのおすすめ4

ここからは投資型クラウドファンディングのおすすめをランキングで発表します。

サービスを提供する業者は、日本で多数出てきていますが、それぞれの業者に特徴があります。そして業者ごとに得意としている分野も違うため、まずはこの業者選びが投資の始まりといってもいいでしょう。

おすすめ順に比較していますので、じっくりとご確認ください。

第4位 Sony Bank GATE(ソニー バンク ゲイト)

Sony Bank GATEは、ソニー銀行が行う投資型クラウドファンディングです。ここでクラウドファンディングを行う企業は、ソニー銀行の審査をクリアしていますので、企業の信用性も高いです。また、提供業者自体がしっかりとした企業ですので、提供業者の倒産という心配も少ないことが強みです。

Sony Bank GATEのクラウドファンディングの特徴は、直接企業に投資するのではなく、企業プロジェクトごとに投資を行うことです。

企業プロジェクト単位であれば、そのプロジェクトの達成率に応じて約8%ほどのリターンを受け取ることができます。

ネックは未達成の場合、分配保証はありません。またソニー銀行に口座作る必要があります。1口5万円から出資が可能、会計期間は1年から3年です。

公式サイト

Sony Bank GATE

第3位 maneo(マネオ)

maneoは2008年にサービスを開始した老舗業者です。老舗だけあって、運営実績は他の業者とは比較にならないほど豊富です。投資型クラウドファンディングを始めてみたい人で、とにかく過去の実績を重視したい人にはおすすめです。

また、maneoに掲載される案件は、投資家保護の観点から、案件ごとに一件ずつmaneoによる個別面談が行われています。その面談でmaneoが「問題なし」と判断した案件のみがmaneoに掲載されますので、投資家は安心して案件に投資ができます。

気になる利回りですが、maneoの利回りは5〜8%と幅があり、他の高利回りを売りにしている業者と比較すると平均水準。しかし、投資型クラウドファンディングは信用性が一番です。
多少利回りが低くても安心して投資が行えるmaneoは魅力的な業者といえます。

公式サイト

maneo

第2位 クラウドクレジット(Crowd credit)

テレビ東京「ガイアの夜明け」に登場し、大きな話題を集めているクラウドクレジット。

クラウドクレジットは、主に海外の個人や事業に投資する案件を取り扱う企業です。他と比較した時の最大の魅力はなんといっても利回りの高さです。

通常の国内向けサービスですと、利回りは5~8パーセント前後が一般的ですが、クラウドクレジットでの案件では10パーセントの利回り案件も多く提供されています。

もちろん、高利回りである分、リスクの高さも理解する必要があります。高利回りだからリスクが高い、とは一概にはいえませんが、クラウドクレジットで扱う案件は、主に新興国への投資がメインとなります。

新興国で考えうるリスクは多々ありますが、新興国は先進国に比べて経済リスク、政治リスク、災害リスクが高いことは理解しておく必要があります。しかし、現時点でクラウドクレジットの案件でいわゆる「貸し倒れ」になった案件はありません。

リスクを理解したうえで、リスクヘッジを考えた投資を行える人には有益な選択となることは間違いありません。

公式サイト

クラウドクレジット

第1位 オーナーズブック(Owners book)

ownersbook

おすすめの投資型クラウドファンディングで堂々の第1位が、オーナーズブックです。オーナーズブックは、不動産に特化した投資型クラウドファンディング業者で、最小1万円から不動産投資が始められます。

オーナーズブックで扱われる不動産案件は、不動産鑑定士が鑑定を行い、不動産担保もしっかりとついた案件が厳選されていますので、安心感があります。利回りは通常約5~12パーセントと、幅があります。しかし、オーナーズブックの最大の特徴が「追加配当」です。

「追加配当」とは、通常利回りの案件が、不動産売却後の「確定利回り」によって跳ね上がるシステムです。つまり、通常4.5パーセントであった利回りが不動産売却確定により10パーセント以上の利回りに上昇することもあるということです。

安全性を重視した案件を厳選しながら、投資家に確実に利益を還元してくれるというとても親切な業者になります。少額不動産投資の選択肢としては申し分のない業者といえるでしょう。

公式サイト

オーナーズブック

投資型クラウドファンディングはリスク商品であることを忘れない

ここまで投資型クラウドファンディングに関する説明と、そのメリット、デメリット、そしておすすめの業者を紹介していきました。投資型クラウドファンディングは、今後間違いなく日本で普及する金融商品です。

投資型クラウドファンディングは、基本的に少ない投資額からでも気軽に始められて、それなりのリターンが見込めます。銀行に預金として眠らせているだけのお金であれば、お金を生かす選択肢の一つとして今後挙げられることになるでしょう。

リスクコントロールを最優先することが重要

しかし、確実に理解しておかなければならないのがリスクです。投資型クラウドファンディングをはじめとする金融商品には元本割れというリスクが存在します。

金融商品に投資を行う際は、分散投資や余剰資金を利用するなど、投資家としての最低限のリスクヘッジが必要です。

投資型クラウドファンディングを考えている人は、リスクを理解し、コントロールを行うことを最優先にして投資を行なっていくことが重要です。

 

Pocket