Pocket

さくらソーシャルレンディングの評判

さくらソーシャルレンディングは地方創生に根差したソーシャルレンディングを展開し、社会的に意義の大きい投資をすることができます。

利回りも良好な水準となっていて、不動産担保付きの案件も存在しています。

本記事では本サービスの評判とリスクについて、分かりやすく解説していきます。

さくらソーシャルレンディングとは?

さくらソーシャルレンディング

さくらソーシャルレンディングは、地方創生に特化したソーシャルレンディング事業者です。

都市部に比べて地方では資金調達が厳しく、必要に応じてフレキシブルに資金を調達できる環境があまり整っていません。

さくらソーシャルレンディングはこうした状況に一石を投じ、ソーシャルレンディングを通して地方を活性化させる取り組みを行っています。

ソーシャルレンディングの中でも、地方創生を目的とした仕組み作りという点で、社会貢献度の高いサービスと言えるでしょう。

応援したい自治体ファンドが選べると評判!

投資家の方は、さくらソーシャルレンディングが運営するファンドに投資をすることで間接的に地方創生に携わることができるようになります。

どの地域の事業者に投資しているかが分かる仕組みになっていますので、ふるさと納税のように自分の出身地や応援したい自治体の事業者を選んで投資をすることも可能です。

さくらソーシャルレンディングの利回り

さくらソーシャルレンディグでは地方創生に携われるのはもちろん、投資することで利回りを得ることができます。

利回りは良好な水準

さくらソーシャルレンディングの利回りは、5~11%の間の案件が多く、直近では以下のようになっています。

  • 九州(福岡)セレクトファンド63号 7.5%
  • 北海道(札幌)セレクトファンド70号 6.65%
  • 【不動産担保付】さくら中部セレクトファンド49号 7%

maneoマーケットグループにおいて利回りは平均水準。
しかし、他のソーシャルレンディングサービスと比べると、若干良好と言える水準です。

案件の中には保全性の高い「不動産担保付き案件」も含まれているため、利回りを考慮れば優良ファンドと言えるでしょう。

地方は堅実な事業者が多いと評判

地方には地味で目立たなくても、しっかりと利益を上げ続けている堅実な事業者は多いです。

このような事業者でも資金需要にフレキシブルに対応できるソーシャルレンディングを利用する機会が増えてきています。利回りも上昇傾向にあり、好循環が生まれています。

過去に募集実績があり、元利金の遅延が発生していない事業者と組むことも多く、そういった点も評価されています。

さくらソーシャルレンディングの保全性の評判は?

同じサービスは、投資家の安全性を高める意識が高いと評判です。

事業者の審査においては返済能力の有無や担保の状況を考慮し、条件を満たした事業者を厳選。前述した通り、返済実績のある事業者と組むこともあり、その旨もしっかり記載してくれるので安心感があります。

オフィシャルブログでも手堅い案件の紹介をするなど、リスクマネジメントに長けています。

不動産担保がつく案件が特に狙い目か

さくらソーシャルレンディングのファンドには担保が設定されいる場合があり、その多くが不動産を担保にしています。

不動産を担保にする場合は専門家による査定を行い、評価額の6割程度の上限を設定することで、貸し倒れなどのリスクの低減に注力しています。

担保つきの案件であれば、保全性の水準は良好な部類に入ると言えます。

さくらソーシャルレンディングのリスクは?

さくらソーシャルレンディングは、保全性を高める努力を行っていますが投資商品である以上、ある程度のリスクは甘受しなければなりません。

貸し付け金額の「遅延」や「貸し倒れ」といったリスクが起こる可能性もゼロではありません。
特に担保がついていない商品には十分な注意が必要。

全体のリスクをまとめておくと以下の通りになります。

さくらソーシャルレンディングのリスク

  • 新しい事業者ですので実績に乏しい。(設立は2016年9月)
  • 全ての案件に担保がついているわけではない。
  • 担保権を実行しても、担保物件の価値が下落することがある。
  • 近年は地方ではなく、東京のファンドも目立つ

募集実績は5億1254万とペースは順調ですが、金額はまだ少なめ。

基本的にはmaneoマーケットを通じて投資できるため、信頼性は確保されています。
現時点では、貸し倒れなどのトラブルは発生していません。

さくらソーシャルレンディングの口コミと評判

さくらソーシャルレンディングでは、地方企業と投資家をつなぐビジネスモデルに評判が集まっています。2万円からの低額投資ができる点も人気です。

手数料と口座開設について

手数料は、投資用口座に資金を入金する場合の「振込手数料」のみ投資家負担となります。

口座開設も無料で行う事ができますので、気軽にソーシャルレンディングを始めてみたいと考えている方に向いています。

まずは少額から始めてみて、徐々に投資金額を増やしていくこともできます。

自分が共感できる案件に投資できると評判

さくらソーシャルレンディング2

扱っているファンドも多く、自分が共感できる事業者を選んで投資をすることがおすすめです。

リスクの低減の観点から投資期間はできるだけ短く設定されているため、1年程度での投資元本の回収が可能になります。

地方活性化につながる投資ができる

さくらソーシャルレンディングは地方創生に特化した事業者ですので、投資の社会的意義が大きいという点が挙げられます。
地方には、新たなチャレンジをするために資金を必要としている事業者はたくさんあります。

投資家の方は、ソーシャルレンディングを行いながら地方の活性化の役割を果たし、社会貢献していくことができます。

さくらソーシャルレンディング株式会社の詳細

さくらソーシャルレンディングは福岡県福岡市に本社があり、2016年9月に設立された比較的新しい会社です。

地方創生や金融ニーズを埋める役割を果たしていきたいという思いから設立されました。

社名 さくらソーシャルレンディング株式会社
本社所在地 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル3階
代表番号 TEL:092-686-8495
事業内容 ソーシャルレンディングサービスサイト『さくらソーシャルレンディング』の運営、管理
資本金 30,000,000円
代表者 代表取締役 岩田 直樹

設立して間もない会社ですが、さくらソーシャルレンディングの理念に共感するパートナーや事業者は増加し続けています。

全体のまとめ

さくらソーシャルレンディングについてまとめると以下の通りです。

・地方創生につながる投資ができる
・利回りは良好な水準
・2万円からの少額投資が可能
・運用期間は平均して1年程度
・不動産担保つきの商品がある
・担保がつかない商品はリスクに注意
・担保がある場合も、担保物件の下落に注意
・担保物件が売れないといったリスクはある

デメリットもありますが、賢く利用する価値はあるでしょう。

不動産担保を中心にソーシャルレンディングの保全性も高めており、信頼性の向上についても努力を続けています。

成長も期待できますので、分散投資先の一つとして検討するのがよいでしょう。

 

Pocket