Pocket

ソーシャルレンディングサービスのクール

こんにちは、ソーシャルレンディング屋さんです。

このたび国内成長企業と、 急増する日本在住外国人のビジネス支援に 特化した日本初のソーシャルレンディング「COOL(クール)」が開始されました。

一部の投資家のあいだではさっそく話題になっていますね!

まだ認知されておらず評判は少ない状況ですが、本記事ではCOOL(クール)の評価ポイントをご紹介していきます。

現在は無料登録するだけで1,000円が貰えるキャンペーンが実施されています。気になる方はチェックしてみて下さい。

COOL(クール)は日本初のソーシャルレンディングサービス

COOL

COOL(クール)の最大の評価ポイントになるのが、アジアビジネスの投資案件に特化している点となります。

  • 成長著しいアジア圏が対象
  • 増加が見込まれる日本在住外国人にも着目

シンガポールやマレーシア、カンボジアなどアジア圏は近年、非常に高い成長率をほこる一方で、日本からは投資しにくい現状にありました。

実際、筆者も株式投資でアジア圏への投資を試みたものの、挫折した経験があります。

そんな成長著しいアジア圏内に対し、ソーシャルレンディングによってカンタンに投資できる仕組みは高く評価できます。

新しく公開されたファンドは大きな注目を集める「越境EC市場」がテーマとなっていて、すでに一部の投資家から高い評判をあつめている状況です。

代表の河原氏は過去にクラウドバンクに携わっていた方ですので、信頼性と実績も抜群です。

期待利回りは平均水準

  • 期待利回り:4.5%
  • 運用期間:2019/07/30 ~ 2019/10/30
  • 担保の有無:あり

気になる期待利回りですが、決して高利回りというわけではなく一般的な平均水準に落ち着いています。

しかし、運用期間が短いことや担保があることを踏まえると魅力的に感じます。

リスクと懸念点

COOL(クール)は貿易ビジネス に特化しているため、投資対象国との貿易摩擦には注意が必要。

例えば中国向けの貿易会社への卸売りを行っている貿易会社への融資を行う場合、対象国との関係が悪化した場合にリスクが生じる可能性があります。

また、現時点でCOOLのファンドはすべて匿名案件となっています。

ソーシャルレンディングでは過去にラッキーバンクやみんなのクレジットなど匿名案件で問題がうまれ、行政処分がくだされる事例が発生しています。

匿名案件に投資する際には十分な注意が必要でしょう。

COOLの場合は無料で会員登録すると、くわしい融資先の情報を確認することができます。

そちらの情報も確認し、最終的に投資の是非を決めるとよいでしょう。

メリットとデメリットがあるので、落ちついて検討しましょう。

ソーシャルレンディングサービスの COOL(クール)の評判

COOLの評判

COOL(クール)は新たに公開されたばかりのため、非常に評判が少ない状況です。

ここでは感想も含めてリアルタイムで追加していきます。

オープン記念のAmazonギフト券は、口座開設するだけでもらえるのでお得です。

期待利回りは高くないが、逆にその方が安心感がある。過去行政処分を受けた事業者はいずれも期待利回りが高かった。

匿名性ファンドということで様子見。

現在公開されているファンドは運用期間が短く、リスク管理の点では魅力に感じる。

第二種金融商品取引業を取得しているため、それなりに安心感がある。ただ、もう少し運営会社の情報が知りたい。

個人的には運用期間が短く、3万円からの少額投資ができるので、少額で試してみたいサービスです。

COOL(クール)の無料口座開設のはじめかた

COOL(クール)の始め方は非常にカンタンです。

2019年7月31日 (水)まで新規口座開設によるAmazonギフト券無料キャンペーンを行っているのでチェックしてみてください。

口座開設の流れ(カンタン7ステップ)

1.COOL(クール)の公式サイトに移動します。

2.サイト内の新規登録(青いボタン)をクリックして必要項目を入力してください。(メールアドレス・パスワード)

3.入力したメールアドレスにEメールが届きます。 届いたEメールの内容を確認いただき、認証コードを入力してください。

4.新規顧客登録画面において、必要事項(氏名・住所)を入力。

5.氏名、住所等の入力後に登録をクリックすると必要書類の入力画面になります。

6.ファイルを選択をクリックし、必要な書類(身分証明書)をアップロード。

7.COOL(クール)から送られてくるハガキに記された認証コードを、公式サイトログイン後に入力すれば全て完了です!

無料口座開設はカンタンなので、キャンペーン中にしておくことがおすすめです!

ソーシャルレンディングサービスの COOL(クール)の評判まとめ

COOL(クール)について改めてメリット・デメリットをまとめておきます。

  • 成長著しいアジア圏が対象
  • 期待利回りは一般水準
  • 運用期間は短め
  • 担保ありのファンドが公開中
  • ファンドは匿名案件
  • 全体の評判は様子見ムード

始まったばかりのサービスのためまずは様子見という投資家の方が多いようです。

2019年7月31日までは新規口座開設するだけでAmazonギフト券が貰えるキャンペーンが展開中ですので、口座だけ開設しておき、よさそうだと感じれば投資する流れがおすすめ。

本ページはリアルタイムで評判を追加していますので、再度チェックして頂ければ幸いです。

運営元のCOOL株式会社の詳細

気になるCOOL株式会社の詳細を記載しておきます。

社名 COOL株式会社
社名英記 COOL INC.
住所 〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町14-6
日宝小伝馬町ビル9F
資本金 50,000千円
設立年日 2007年12月
代表取締役 河原 克樹
登録番号 金融商品取引業:関東財務局長(金商)第2229号
加入協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
加入認定投資者保護団体 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
TEL:0120-64-5005
事業内容 (1)第二種金融商品取引業
(2)投資顧問契約に基づく助言(投資助言・代理業)
(3)投資顧問契約・投資一任契約の締結の代理又は媒介
取引銀行 みずほ銀行 銀座中央支店
フリーダイヤル 0120-64-5005
URL http://www.finmac.or.jp/

COOL(クール)は社歴が長く、第二種金融商品取引業を取得しているのが特徴。

代表の河原氏は元クラウドバンクの方ですので、実績と信頼性も申し分ありません。

細かい点ではフリーダイヤルもあるので安心して利用できますね。

COOL

 

Pocket