こんにちは。ソーシャルレンディング屋さん(@sociallending7)です。

現在、注目を集めるソーシャルレンディングのサービスですが、その数も増えてきました。
そんなソーシャルレンディングですが、それぞれ異なる強みがあります。

そこで、日本で人気のソーシャルレンディング業者を一覧にしました。

ソーシャルレンディングの種類はさまざま

ソーシャルレンディングの場合、利回り重視・安定重視・バランス重視など、その人の目的によってどれを選ぶべきか変わってきます。

これがベストというものが存在しないため、日本で普及しているソーシャルレンディング業者の特徴を押さえておきましょう。

主要な人気サービスを押さえよう

下記では日本の主要な業者をジャンル別にまとめました。

ソーシャルレンディングのジャンルは以下の通りとなっています。

  • 総合型ソーシャルレンディング
  • 不動産型ソーシャルレンディング
  • 海外型ソーシャルレンディング

サービスの数は多いですが、全体を頭に入れておくことをおすすめします。

総合型ソーシャルレンディング

sociallending-service

SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングの代表的な存在がSBIソーシャルレンディングです。
投資家にとって馴染みのあるSBIグループであるため、抜群の安心感と実績があります。利回りは他と比べると低い印象がありましたが、2017年以降は好利回りが増えています。

想定利回り

2%~6.5%

取扱商品

不動産担保ローン事業者ファンド、オーダーメイド型ローンファンド

最低投資金額 / 分配方法

1万円~ / 利息は原則毎月分配

SBIソーシャルレンディングのポイント

利回りは普通ですが「オーダーメイド型ローンファンド」の利回りは高いです。
利回りの高いファンドはリスクも高いので注意しましょう。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク(Crowd Bank)

高い知名度をほこるソーシャルレンディングでしたが、2015年6月に行政処分を受けて一時業務停止となりました。
しかし、システムや業務形態を全面的に見直して復活した後は、信頼を取り戻し高い人気を集めています。業界3位で運営会社は日本クラウド証券です。

想定利回り

5%~7.5%

取扱商品

不動産ローンファンド、中小企業支援ローンファンド、太陽光発電ファンド

最低投資金額 / 分配方法

1万円~ / 利息は原則毎月分配

クラウドバンクのポイント

行政処分を受けた理由は、増え続ける顧客にシステムが対応できなかったからと考えられます。
商品のバリエーションが多く、幅広い人気を集めるサービスです。

クラウドバンクの公式サイト

クラウドバンク

サムライファンド(maneoと吸収合併)

業界1位の圧倒的なシェア率を誇るmaneoを吸収し、実質ナンバーワンのシェアといえるのがサムライファンドです。

行政処分を受けたmaneoを立て直し、安定した利回りとさまざまなファンドを提供しています。

想定利回り

5%~8%

取扱商品

不動産担保付きローンファンド、事業性担保付きローンファンド

最低投資金額 / 分配方法

5万円~ / 利息は原則毎月分配

サムライファンドのポイント

サムライファンドの特徴はmaneoを吸収合併した点にあるでしょう。maneoを吸収してから日が浅いためこれからに期待されています。

サムライファンドの公式サイト

サムライファンド

不動産型ソーシャルレンディング

sociallending-service2

オーナーズブック(Owners Book)

今、最も注目と言える不動産型のソーシャルレンディングサービスです。
親会社が不動産業のため専門性に優れ、利回りは低めですが安心感があります。
運営会社は「ロードスターキャピタル株式会社」で、2017年に株式上場しました。

想定利回り

3%~5%

取扱商品

不動産担保ローンファンド

最低投資金額 / 分配方法

1万円~ / 案件によって異なる

オーナーズブックのポイント

都内のさまざまな不動産に1万円~という低額投資ができる点が大きな魅力です。

オーナーズブックの公式サイト

オーナーズブック

LCレンディング

不動産特化型のソーシャルレンディングサービスです。ローンファンドの案件は全国にわたり、東北早期復興支援ファンドのように社会貢献に繋がるファンドがあるのが特徴。
親会社も上場していて、安心感があります。

想定利回り

5%~7.5%

取扱商品

不動産担保ローンファンド

最低投資金額 / 分配方法

3万円~ / 利息は原則毎月分配

LCレンディングのポイント

日本郊外の不動産案件も豊富な点が特徴です。

LCレンディングの公式サイト

LCレンディング

J.LENDING(ジェイ・レンディング)

株式会社ジャルコが提供するソーシャルレンディングサービス。

不動産担保つきのファンドがメインとなっており、上場企業のサービスで安心感があります。

想定利回り

4.5%~5%

取扱商品

不動産担保ファンド

最低投資金額 / 分配方法

50万円~ / 一括分配

J.LENDINGのポイント

長い実績をほこる人気サービスですが、最低投資金額が高い点には要注意。

J.LENDINGの公式サイト

J.LENDING

ポケットファンディング

沖縄系の不動産に特化したソーシャルレンディングになります。

想定利回り

3.5%~6.5%

取扱商品

沖縄系の不動産ンファンド

最低投資金額 / 分配方法

1万円~ / 利息は原則毎月分配

ポケットファンディングのポイント

沖縄の不動産を中心に扱うソーシャルレンディング業者です。

穴場案件が多く、人気が殺到することがあるなど通好みのサービスといえます。

ポケットファンディングの公式サイト

ポケットファンディング

海外型ソーシャルレンディング

sociallending-service3

クラウドクレジット(Crowd Credit)

好利回り投資で人気を博す海外投資ソーシャルレンディングの代表格。
期待利回りが高く、伊藤忠商事など大手企業が出資者にいて安心感があります。
人気TV番組「ガイアの夜明け」で特集されて人気がブレイクしました。

想定利回り

4.9% 〜 12,4%

取扱商品

海外特化型ローンファンド

最低投資金額 / 分配方法

1万円~ / 案件によって異なる

クラウドクレジットのポイント

投資対象国が多彩です。成長新興国投資に興味のある方におすすめです。
セミナーも頻繁に行っており、ユーザーファーストの意識が非常に高いです。

クラウドクレジットの公式サイト

クラウドクレジット

CAMPFIRE Owners

海外案件を主に取り扱うソーシャルレンディングになります。

クラウドファンディング大手「キャンプファイヤー」が提供するサービスで、社会貢献型のファンドがメインです。

想定利回り

5% 〜 6%

取扱商品

社会貢献型ファンド

最低投資金額 / 分配方法

1万円~ / 案件によって異なる

CAMPFIRE Owners のポイント

社会貢献につながるファンドが揃っており、社会に貢献しつつ資産運用したい方に向きます。

CAMPFIRE Owners の公式サイト

CAMPFIRE Owners

アメリカンファンディング

海外投資の中でも海外不動産に特化したソーシャルレンディングサービスです。アメリカで実績ある不動産開発業者の優良物件のみを取扱い、全案件不動産担保付きとなっています。

テキサスやシカゴなど伸びしろの高いエリアに投資を行っており、着眼点も優れています。

想定利回り

5%~11%

取扱商品

海外不動産型ローンファンド

最低投資金額 / 分配方法

2万円~ / 案件によって異なる

アメリカンファンディングのポイント

海外投資の中でも不動産に興味がある方におすすめです。

アメリカンファンディングの公式サイト

アメリカンファンディング

日本のソーシャルレンディング業者一覧まとめ

今回は主要なサービスをまとめましたが、かなりのバリエーションがありました。

選ぶ方からすると贅沢な悩みと言えるかもしれません。

ソーシャルレンディングのサービスを選ぶ場合は、ぜひ今回のまとめを参考にして下さい。

▼おすすめの関連記事はこちら

【2020年最新】ソーシャルレンディングのキャンペーン情報まとめ