不動産クラウドファンディング

こんにちは。ソーシャルレンディング屋さん(@sociallending7)です。

不動産型クラウドファンディングとはどのようなサービスなのでしょうか?

一言で言えば小口でできる不動産投資となりますが、新しいサービスであり、詳しいことは分からない方もいるかと思います。

当ページではその仕組みや、おすすめの不動産クラウドファンディングのサービスをランキングでまとめました。

投資をご検討されている方はぜひチェックしてみて下さい。

不動産クラウドファンディングとは?

不動産特化型クラウドファンディングは、いま最も注目を集めている資産運用の一つです。

もとは、利回りが得られる投資型クラウドファンディングの一種ですが、中でも「不動産」に特化したサービスについて名づけられています。

ネットで検索すると「不動産特化型クラウドファンディング」と表示されることも多いです。

小口で利回りが得られる仕組み

不動産クラウドファンディングとは

仕組みとしては不特定多数の投資家から、インターネット上で資金を集め不動産投資を行い、「利回り」という形で利益を還元していくものとなります。

REIT(リート)と似た部分がありますが、より利回りが高い傾向にあります。

また本来、不動産投資は多額の資金が必要ですが、数万円からの少額投資が可能。

こうしたことから今では「クリック合戦」と呼ばれる、発売直後に売り切れになるファンドが出るほど人気は高まってきています。

不動産型クラウドファンディングがおすすめの理由

担保つきの商品が多い

不動産クラウドファンディングの多くは、不動産担保と呼ばれる担保がついています。

仮に不動産投資が失敗するような場合も、補償がつけられる形となるため、保全性が高まるメリットがあります。

もちろん絶対に安全ということではありませんが、投資しやすいのは間違いありません。

利回りが高く、かつ保全性が高いのが人気の理由となります。

投資先が明確

不動産クラウドファンディングは、ソーシャルレンディングとは異なり投資先が分かります。

近年、投資先が不明なソーシャルレンディング事業者の不祥事が増えていますが、不動産クラウドファンディングではそのような心配は少ないといえます。

事実、ソーシャルレンディングから不動産クラウドファンディングに移行する投資家も増えてきています。

身近な存在なので目利きがしやすい

crowdfunding5

不動産は私たちにとって身近な存在であり、ある程度は目利きがしやすい面があります。

立地や稼働率を見れば、良いか悪いか判断しやすいのもメリットです。

不動産投資をしたいけれど、まとまったお金がない。

REIT(リート)のように市場の影響を受ける投資は苦手という方にとって、少額投資できる不動産型クラウドファンディングはベストな選択肢になります。

不動産型クラウドファンディングのおすすめランキング

不動産クラウドファンディングのおすすめ

不動産特化型クラウドファンディングのサービスは以下が挙げられます。

おすすめをランキング順にすると以下の通りです。

  • 1位 オーナーズブック(Owners book)
  • 2位 ファンタスファンディング(FANTAS funding)
  • 3位 クリアル(CREAL)
  • 3位 ジョイントアルファ
  • 4位 クラウドリアルティ(Crowd Realty)
  • 5位 タテルファンディング(TATERU Funding)

不動産特化型クラウドファンディングと名乗っているのは、「オーナーズブック」「ファンタスファンディング」「クラウドリアリティ」「タテルファンディング」の4つ。

それぞれ簡単に特徴をご紹介します。

1位 オーナーズブックは質と人気ともにNO.1

最も人気なのは「オーナーズブック」で都心一等地の不動産に投資でき、4.5%~10%の利回りが期待できます。
運営会社のロードスターキャピタルは上場企業でもあり、安心感もあります。

近年は、不動産のプロ領域を解放した「エクイティ型クラウドファンディング」を発表し、頭一つ抜けた存在と言えます。

利回りは平均水準ですが、発売直後に売り切れるほど人気があります。

くわしいレビューは以下をご確認ください。
オーナーズブックの特徴と評判まとめ【良い点・悪い点】

2位 キャピタル重視ならファンタスファンディング

現在、クリック合戦が起こるほど人気なのがFANTAS funding(ファンタスファンディング)。

不動産クラウドファンディングの中でも利回りが高いことが特徴となっています。

主に中古再生物件を手がけていますが、キャピタル重視で利回りの高い案件はそれなりにリスクがあるため目利きが求められます。

利回りの高さを優先するのであればファンタスファンディングがおすすめです。

くわしいレビューは以下をご確認ください。
FANTAS funding(ファンタスファンディング)の評判まとめ

3位 安定重視のクリアルは武井壮さんでお馴染み

CREAL(クリアル)もクリック合戦がほこるほど大人気の不動産クラウドファンディングです。

武井壮さんの広告でおなじみですね。

期待利回りはさほど高くありませんが、安全性重視のサービスということができます。

クリアルの特徴は、都内の一等地の案件が多いことが挙げられるでしょう。

自分ではむずかしい有望な不動産に投資できるのもメリットです。

また、大型案件も登場しますので、クリック合戦になっても投資しやすいのもうれしいですね。
CREAL(クリアル)の評判を徹底調査!メリットとデメリットをくわしく解説

3位 現在、もっとも注目を集めつつあるジョイントアルファ

既に上位のサービスを始めている人から大きな注目を集めているのがジョイントアルファ。

東証一部上場企業の穴吹興産株式会社が運営するため安全性が非常に高く、期待利回りが類似サービスよりも高いことが多く、人気を集めています。

知名度はまだ低いですが、その分だけ投資しやすくおすすめです。

公式サイトや投資家登録は以下より行えます。

Jointoα(ジョイントアルファ)

4位 クラウドリアルティは成長著しい事業者

クラウドリアルティ(Crowd Realty)は上場企業ではないものの利回りが良く、もっとも成長著しい事業者です。

楽天LIFULL STAYとクラウドファンディングを活用した宿泊施設の開発・供給で業務提携したことで話題を集め、既にそのファンドも発売されています。

ただ、知名度が低い点は難点といえるでしょう。

5位 タテルファンディングは様子見が吉

タテルファンディングも東証一部に上場するインベスターズクラウドが運営し、信頼できるサービスといえるでしょう。

ただ、商品が少なく利回りの多くが5%を切っている点はデメリットです。

また類似サービスのTATERUが2018年に不祥事を起こしていることから、現在はおすすめできません。

なお、東証1部上場のケネディクスが2019年より「ビットリアルティ」というサービスを開始したばかりで、こちらも注目されています。

その他、注目のサービス

また、ソーシャルレンディングと呼ばれるサービスでは、国内大手のmaneo(マネオ)やクラウドバンクといった事業者の中に、不動産を扱うところが存在します。

不動産に特化したサービスではありませんが、併せて注目すると良いでしょう。
全ての事業者について、当サイトで詳しく解説しています。

不動産ファンドを扱うソーシャルレンディング

  • マネオ
  • クラウドバンク
  • LCレンディング

最もおすすめはオーナーズブック(Owners book)

オーナーズブック

不動産型クラウドファンディングの中で最もおすすめなのはオーナーズブックです。

運営会社が上場しているため安心感があり、利回りも他と比べると高い傾向にあります。
また、商品の数も群を抜いて多いため、選択肢が多いことも強み。

一番人気が高いといえるので、これから始めようとしている方におすすめです。

優待付きファンドは即日完売

オーナーズブックの案件は、優待付きのファンドがあります。

投資して利回りを得られるだけでなく、投資先の物件に泊る際の優待を受けられることがあり、クラウドファンディングの醍醐味を味わうことができますよ。

即日完売の人気ファンドですがこちらもぜひチェックしておきましょう。

オーナーズブックに関しては、簡単な始め方をまとめていますのでご確認下ください。

オーナーズブックの始め方

オーナーズブックの口座開設の始め方を分かりやすく解説!

不動産型クラウドファンディングのまとめ

不動産特化型クラウドファンディングについてまとめてきました。

新しく出てきたばかりのサービスですが、小口で本格的な不動産をすることができ、大手企業も参入しているため更なる人気化が予測されます。

既に人気は過熱しているため、早めにチェックされることをおおすすめします。

資産運用に関心がある方は、各サービスをチェックしてみてください。