不動産クラウドファンディングの比較

最新の不動産クラウドファンディングの比較一覧表をまとめました。

令和になってから新しい不動産投資の形として、不動産クラウドファンディングに注目が集まり、高い人気を呼んでいます。

つぎつぎとサービスが登場する中で、一目で全体が分かるように表にしました。

それぞれの公式サイトに飛べるようにリンクもしてあります。

サービスを見る上でのポイントも紹介しているのでご参考ください。

不動産クラウドファンディングの比較一覧表

・五十音順
・利回りの単位は%
・期間は1カ月単位での表記

サービス 利回り
期間
特徴
大家.com 4~7 12 ・だれでも大家になれる

・1万円から投資可能

アセクリ 4~8 3~6 ・1,000件以上の取引実績有

・短期投資が可能

クラウドリアルティ
5~10 12~36 ・上場企業の出資を受ける

・利回り11.4%の償還実績有

・オールジャンル

クリアル 3~6 6~24 ・運用資産残高No.1

・累計調達額70億突破

・オールジャンル

CRE
Funding
2.5~3 9~24 ・一部上場企業が運営

・CREの物流不動産

ジョイントアルファ 3~6 6~12 ・一部上場企業が運営

・穴吹興産の地方不動産

ちょこっと
不動産
6 6 ・不動産のプロの良栄が運営

・1万円から投資可能

テクラウド 6.5~8 24 ・新興国不動産に特化

・海外不動段で豊富な実績

トーセイ不動産 5.2~7 36 ・一部上場企業が運営

・トーセイの首都圏不動産

パートナーズFunding 8~10 3 ・運営会社は9期連続増収増益

・中古投資用マンションが中心

ビット
リアルティ
2~3.6 4~36 ・一部上場企業が運営

・ケネディクス厳選の不動産

B-Den 2~3 6 ・一部上場企業が運営

・ビーロット厳選の不動産

FUEL
オンライン
2~5 6~24 ・一部上場企業と提携

・オールジャンル

FANTAS funding 3~9 3~24 ・再生した空き家をファンド化

・キャピタル~インカム型まで

ぽちぽちFUNDING 5~5.5 3~6 ・創業50年の企業が運営

・マンション投資が中心

リンプル 4~10 6~12 ・一部上場企業が運営

・プロパティーエージェントの物件

・ポイントを使って投資できる

WARASHIBE 4.5~6 3~24 ・途中解約可能

・好立地で収益性の高い不動産

わかちあいファンド 3~6 12 ・京都など関西の物件を中心
ONE DROP 8 6 ・100万円から始める不動産投資

※随時更新をしています。
※抜け漏れがあればご連絡ください。

不動産クラウドファンディングを比較する上でのポイント5つ

不動産クラウドファンディングを比較する上でのポイント

サービスを比べて、絞りこむためのポイントを5つご紹介します。

選ぶときの参考にしてください。

【ポイント1】物件の安全性を見る

不動産クラウドファンディングのほとんどが「優先劣後方式」を採用することでリスクを低減しています。

しかし、物件の安全性には差がありそれを見極める必要があります。

「どんな運営会社が、どのような物件を運用しているのか?」

過去の運用実績から、不動産の立地までよく見ておきましょう。

利回りだけでサービスを選ぶのではなく、安全性も踏まえることが大切です。

【ポイント2】運用期間を見る

運用期間が長いとそれだけ資金が拘束されることになります。

できれば短い運用期間をふくむサービスから始めるのがおすすめです。

もちろん、魅力を感じるサービスやファンドがあれば、長期運用でも問題はありません。

【ポイント3】最低投資金額を見る

一覧表には載せられませんでしたが、最低投資金額をチェックすることも大切です。

1万円~10万円の範囲で投資できますが、ビットリアルティのように最低金額が50万円というケースもあります。

資金に余裕のない方は、そのサービスの最低投資金額も見ておきましょう。

【ポイント4】気になるサービスは複数登録

各サービスは頻繁にファンドが登場するわけではありません。

また同じサービス内でも「期待利回り」や「運用期間」はことなります。

最近は人気が過熱してすぐに売り切れることもあります。

そのため、気になったサービスはいくつか登録しておき、メールで通知設定をしておくと効率的に投資ができるでしょう。

会員登録は無料なので、迷ったらとりあえず登録がおすすめです。

【ポイント5】上場企業以外のサービスも注目の価値あり

近年はREIT(リート)を提供し、知名度の高い一部上場の不動産企業のサービスが増えてきています。

上場企業のサービス

サービス名 運営企業
CRE Funding CREグループ
ジョイントアルファ 穴吹興産
トーセイ不動産クラウド トーセイ
ビットリアルティ ケネディクス
リンプル プロパティエージェント

一方で、人気の不動産クラウドファンディングは非上場企業のサービスも目立ちます。

  • クリアル
  • FANTAS funding

「クリアル」は運用資産残高No.1をほこるなど注目度の高いサービスです。

「FANTAS funding」も個人投資家からとても人気があります。

それぞれに強みがあり、非上場企業のサービスもチェックして損はありません。

余裕があれば優先劣後方式の割合を比べよう

優先劣後方式

最後に少しマニアックな話になりますが、知っておいて損はないのでご紹介します。

不動産クラウドファンディングのほとんどは「優先劣後方式」を採用しています。

例えば、

  • 優先出資者(投資家) 30%
  • 劣後出資者(運用会社) 70%

このような場合、万が一損失が出た場合は30%までは「投資家」の元本は守られます。

よって「優先出資者」の比率が高いサービスは、より安全性が高いと考えられます。

こうした優先劣後方式の割合をしっかり明記し、かつ優先出資者の比率が高いサービスは理想的といえるでしょう。

ソーシャル

ここまでチェックしなくても問題はないでしょう。

全体のまとめ

不動産クラウドファンディングについては「数が多すぎてついていけない」という人もいると思います。

今回はそんな時代の流れに合わせて一覧表にしてまとめました。

随時更新しているので、お気に入りなどに入れてぜひチェックしてみてください。

人気の不動産クラウドファンディングについては「不動産クラウドファンディングのおすすめランキング」もぜひご確認ください。

会員登録は無料のため気になるサービスがあれば、時間をみて登録しておきましょう。