不動産CFサービス

WARASHIBE不動産「高級リゾート開発用地 ≪EXITプラス≫」ファンドの解説

WARASHIBE不動産

株式会社SATASによる不動産投資クラウドファンディングの「WARASHIBE(ワラシベ)」にて、新たな商品設計として注目される「伊東市川奈 高級リゾート開発用地 ≪EXITプラス≫」のファンド募集開始が2021年6月25日(金)より開始されます。

本記事では、WARASHIBEファンドのポイントを分かりやすく伝えるとともに、≪EXITプラス≫と呼ばれる新しい試みについても解説していきます。

伊東市川奈 高級リゾート開発用地ファンド ≪EXITプラス≫の概要

WARASHIBE不動産

※画像は開発パースイメージ

  • 想定利回り:8%
  • 応募期間:2021年6月25日 19:00~7月2日 13:00
  • 運用期間:2021年7月15日 ~ 2022年7月14日
  • 1口出資額:1万円
  • 募集方法:抽選式
  • 募集金額:2億5,000円(25,000口)
  • 特典:あり

本ファンドは人気化が予想されますが、WARASHIBE(ワラシベ)の中でも募集金額が大きく、「これまで抽選で外れてばかり」という人も注目となります。

また、WARASHIBEに投資するのは初めてという人には「お米5kgプレゼント」という嬉しい特典がついています。

warashibe3

さらに本ファンドでは、≪EXITプラス≫と呼ばれる新しい取り組みも採用されています。

これまでのファンドと比べてもより注目度が高いと考えられるでしょう。

伊東市川奈 高級リゾート開発用地ファンドの利点

WARASHIBE不動産

※画像は開発パースイメージ

WARASHIBE不動産「伊東市川奈 高級リゾート開発用地ファンド」の利点を一覧にしました。

本ファンドの利点

  • 想定利回り8%と優れる
  • 運用期間が比較的短い
  • 1口1万円から投資できる
  • 立地は静岡県 伊東市川奈の高級リゾート開発用地
  • 既に売買契約を契約済み
  • 優先劣後構造を採用(優先82.0%:劣後18.0%)
  • さらに良い条件で売却できる場合は想定利回りを上回るケースあり≪EXITプラス≫

運営期間が長過ぎず、1万円から投資できるため投資しやすいのが特徴です。

既に売買契約を契約済みのため、物件の売却によって得られる事業収支の確度も高いものとなっています。

さらに本ファンドで最大のポイントとなるのが≪EXITプラス≫という新しい仕組みを採用している点になります。

≪EXITプラス≫の概要と仕組み

本ファンドの対象物件は既に不動産投資会社、株式会社TRIADと売買契約を締結しています。

そして、もしより良い条件で売却ができた場合、TRIADと契約している売買金額と、実際の売却金額との差額をTRIADに一部支払い、売買契約の解除が可能となります。
これにより募集時の想定利回りと越える可能性があるのが、≪EXITプラス≫の仕組みです。

EXITプラスという名前の通り、+αの期待感があるのが本ファンドのポイントになるでしょう。

個人で投資しにくいジャンルでも問題なし

WARASHIBE(ワラシベ)の対象不動産は立地、収益性、将来性から不動産のプロが厳選したものだけが用意されています。

本ファンドのエリアは都心近郊の観光エリアでは珍しい約8700坪の広大な土地に加え、太平洋を一望できる高台の立地が特徴。

個人で投資するには規模的にも調査的にも難しいですが、WARASHIBEが様々な角度からポテンシャルが高いと判断しているため安心感があります。

さらに、公式サイトでは物件画像、所在地、空室率、物件収支も全て開示され、透明性が確保されてるので初めての方でも安心です。

物件情報

  • 物件名 伊東市川奈 高級リゾート開発用地
  • 所在地 静岡県伊東市富戸1301-12
  • 最寄駅 伊豆急行線「富戸」駅徒歩43分
  • 物件種別  土地

より詳細は物件情報はWARASHIBE(ワラシベ)公式サイトをご確認ください。

WARASHIBE(ワラシベ)

運営会社の株式会社SATASは1999年創業の実績をほこり、不動産売買や権利関係調整にも秀でるため、本ファンドとの相性もよいでしょう。

伊東市川奈 高級リゾート開発用地ファンドのリスク

WARASHIBE不動産

伊東市川奈 高級リゾート開発用地ファンドは好条件の揃ったファンドといえますが、あくまで不動産共同投資商品であり、元本および利回りは保証されておりません。

あらかじめリスクを抑え、自己責任の元で最終的な投資決定を行う必要があります。

事前に把握しておくべきリスク

  • 元本の保証はなし
  • 想定利回りのは保証なし
  • EXITプラスの商品は、既に売買契約を締結しているが契約が不履行となるリスクは排除できない
  • 契約先の倒産リスク
  • 災害や想定外の事故

基本的にWARASHIBE(ワラシベ)のリスクは、他の不動産クラウドファンディングと同様といえます。

ただ、高級リゾート開発用地ということで賃貸マンションや商業ビルとは異なるリスクが生じる可能性はあります。

また、より高い金額での売却を保証するものではありません。

全体のまとめ

本ファンドはWARASHIBE(ワラシベ)において、≪EXITプラス≫と呼ばれる新しい仕組みを採用しているため通常より注目度の高いファンドとなります。

募集金額が大きく、抽選式となっているため落ちついて投資できるのもメリットです。

まだ口座を解説していないという人は早めに準備をしておきましょう。

WARASHIBE(ワラシベ)公式サイト

WARASHIBE(ワラシベ)

厳選されたファンドを揃えるだけでなく、新しい試みに挑戦するWARASHIBE(ワラシベ)に投資検討されてみてはいかがでしょうか。

WARASHIBEの運営会社SATASの概要

WARASHIBEを運営する、株式会社SATASの概要です。

社名株式会社SATAS
設立年日1999年7月1日
代表取締役小林 秀豪
登録免許宅地建物取引業者 東京都知事(5)77822号
不動産特定共同事業者 東京都知事 第60号
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第740号
所在地東京都港区南青山2-24-15 青山タワービル9階

株式会社SATASが提供する「WARASHIBE(ワラシベ)」は不動産クラウドファンディングの中でも、商品一つひとつにもこだわり、厳選された商品に定評があり、これからに注目です。

 

The following two tabs change content below.

ソーシャルアンテナ

ソーシャルアンテナでは、宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーなど投資やお金に関する専門家を監修に招き、投資型クラウドファンディングや投資全般について誰でも分かりやすく、役に立つ記事を発信しています。

-不動産CFサービス

© 2021 ソーシャルアンテナ Powered by AFFINGER5