不動産CFサービス

【モンゴル不動産投資】TECROWD16号ファンドを分かりやすく解説

TECROWD16号

こんにちは。ソーシャルアンテナです!

個人的に気になる案件があり、募集期間に余裕のあるファンドがありますのでご紹介したいと思います。

このページでは、海外不動段投資クラウドファンディングの「TECROWD16号」となる、モンゴル商業型オフィスビル ファンドのポイントを解説していきます。

※リスクのある投資のため自己責任の上、投資はご判断ください。

モンゴル複合商業型オフィスビル ファンド概要

  • ファンド名:TECROWD(テクラウド) 16号
  • 募集期間:2021年11月18日~2021年12月17日
  • 想定利回り(年利):8.00%
  • 運用期間:28ヶ月
  • 配当予定日:2022年5月31日
  • 対象物件:複合商業型オフィスビル「IC TOWER」
  • 最低投資金額:10万円から

モンゴル首都ウランバートルの中心地にて建設中の、複合商業型オフィスビル「IC TOWER」が対象のファンドになります。

こちらはTECROWDが監修するビルとなっています。

すでに同じ不動産が対象のファンドは出ていますが、いずれも応募が100%を越えており人気があります。

>> TECROWDの公式サイトを見る

※公式サイトに入った後「募集中のファンドを見る」を押すと状況確認できます。

以下、あらためてメリットとデメリットを見ていきます。

TECROWD(テクラウド)16号のメリット

TECROWD16号
(出典:https://tecrowd.jp/

今回の投資対象物件はモンゴルの首都「ウランバートル」となります。

その中でも、オフィスや商業施設・行政機関が集中する人気のエリアで、建設中の「IC TOWER」の周辺は日本大使館など各国大使館がある好立地です。

この「IC TOWER」は、TECROWDが監修をしているビルのため、日本クオリティの高い品質管理が期待できます。。

「IC TOWER」は、日本の建設技術を生かしたオフィスビルとして、2022年11月に誕生予定で、駐車場不足を解消すべく別棟に駐車場の建設を予定するなど、きめ細やかな配慮がされています。

モンゴルは親日国家としても知られ、日本との繋がりも深いことから、今回のファンドも日本人が投資しやすい面があるでしょう。

TECROWD(テクラウド)16号のデメリット

TECROWD16号

モンゴルの2021年の経済成長率は4.3%と予想されていますが、世界的なパンデミックにより先行きは予断を許さない状況です。

世界経済が誰にも先が見えない状況であること、日本からモンゴルの状況が分かりにくいのはデメリットです。

想定利回りは8.00%と良好ですが、その分だけリスクもあることを踏まえ、投資していくのが望ましいでしょう。

本ファンドは優先劣後構造(※)が採用をして投資家の保全性を高めていますが、元本割れリスクがあることは留意しておきましょう。

※損失が生じた場合は優先的に運営側から損失を受けることで、投資家を守る仕組み。不動産クラウドファンディングでは一般的。

TECROWD16号ファンドの感想

TECROWD16号

日本のきめ細やかな建設技術やマーケティングを生かしたオフィスビルを、経済成長が著しいモンゴルの首都に建設するコンセプトの注目度は高いです。

首都ウランバートルにはモンゴルの総人口の約半数の150万人強の人が住み、人口増加とともに建設需要も高まっていると考えられます。

新しい刺激を求める人に向いている

日本とモンゴルの相性も良く、コンセプトに共感できたり、これまでにない投資をしたい人にとっては魅力的ではないでしょうか。

TECROWDは2014年に海外開発事業「モンゴルプロジェクト」を開始し、モンゴルの成長を感じられるのも醍醐味です。

本ファンドの募集期間は2021年12月17日(金曜)となっていますので、これから口座開設しても間に合う可能性がある点もメリットです。

不動産クラウドファンディングの多くは国内ですので、新しい刺激がほしい時にも向いていると言えるでしょう。

海外投資に興味のある人はTECROWDをチェックしておくと良いでしょう。

>> TECROWDの公式サイトを見る

※口座開設は公式サイト内「無料会員登録をする」を押して進めてください。
The following two tabs change content below.

ソーシャルアンテナ

ソーシャルアンテナでは、宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーなど投資やお金に関する専門家を監修に招き、投資型クラウドファンディングや投資全般について誰でも分かりやすく、役に立つ記事を発信しています。

-不動産CFサービス

© 2021 ソーシャルアンテナ Powered by AFFINGER5