Pocket

maneo-seminar

ソーシャルレンディングで知られるmaneo(マネオ)グループのセミナーに参加しました。

場所は東京国際フォーラム。

私の家からは非常に遠く、行くべきか迷いましたが思い切って行ってみました。

ここで定期的に開催されていますが、マネオに興味のある方、セミナーに参加してみたい方、
遠方で来られない方もいると思いますので、セミナーのレポートをまとめておきます。

※2018年にグリーンインフラレンディングによる不正流用を見過ごしたとし、maneoマーケットには行政処分が下されました。現在、maneoマーケットへの投資は可能です。

maneo(マネオ)のセミナーとは?

ソーシャルレンディング大手のmaneoは月に1回ほど、定期的にセミナーを開催しています。

場所は東京国際フォーラムと有楽町のため、全国から足を運べます。

セミナー情報については以下をご確認ください。
セミナーのご案内

maneoのセミナー参加レポート

今回のマネオ(maneo)のセミナーは、マネオグループのサービスについてその魅力が分かる内容になっています。

具体的には、以下のサービスについて知ることができました。

・マネオ(maneo)
・アメリカンファンディング
・LCレンディング
・クラウドリース
・グリーンインフラファンディング

※サービスについてはセミナー毎によって異なります。

各サービスについて社長の方々が直にご説明するという密度の濃い内容でした。

マネオ(maneo)のセミナーはサービスについて知ることができるだけではありません。実際の現場の声を聞くことができ、なぜそのサービスが必要なのか? 優位性は何かまで深く理解することができます。

ソーシャルレンディングに投資するのは不安だ、という方でもセミナーで現場の声を聞くことで考え方は大きく変わるはずです。

maneoグループが人気の理由が分かった

maneo-seminar3

ソーシャルレンディングという最先端の業種ということでもしかしたら自分とは合わないかも?とセミナーの前は不安を抱いていました。

しかし、セミナーを通じて感じたことはトップの方々がとても暑いということ。

実際の雰囲気も良い意味でイメージを裏切られるほど居心地のよいものでした。参加者も年齢層のバランスが良く、大人の落ちついた印象を受けました。

maneoの社長について

マネオ(maneo)の社長は、温かい人柄でジェントルマンという言葉が似合う人でした。セミナーでは司会をして下さいましたが話し方から気遣いまで個人的にとても惹かれました。

マネオがなぜソーシャルレンディングの中で多くの人を引きつけるのか?

その1つの理由として、トップが優れているいう点は挙げられると思います。

こうした情報は公式サイトだけでは読み取れませんが重要です。その意味でもソーシャルレンディングのセミナーへ参加するのはおすすめです。

セミナーではリスクについても包み隠さずお話しされましたがそれも良かったです。自分たちが提供しているサービスに対する自信が感じられました。

maneoのセミナーで紹介されたサービスについて

maneo(マネオ)は他のサービスと協力しながら成長しているのですが、マネオに引き寄せられるように、他のソーシャルレンディングのサービスも魅力的でした。

マネオのセミナーでは以下のサービスについても解説がありました。

・アメリカンファンディング
・クラウドリース
・LCレンディング
・グリーンインフラファンディング

基本的に上記のいずれもソーシャルレンディングの中でも非常に独自性があります。他にない強みを持ったサービスと言えます。

アメリカ不動産に特化・リースに特化・商業施設に特化・グリーンインフラに特化など、ソーシャルレンディングの多様性を肌で実感できます。

※グリーンインフラレンディングは残念ながら、maneoマーケットの行政処分のきっかけとなってしまいましたが、セミナーでお話を聞く限りはとても真摯でした。

セミナーではサービスの概要、サービスを提供する動機・勝算も聞くことができます。LCレンディングにいたっては漫画までいただくことができて驚きました。

maneoのセミナーではサービスの特徴を知ると共に、ソーシャルレンディングについて深い理解を得ることができます。

私自身、これまでになかった視点が得られたと感じています。

maneoのセミナーの結論

マネオ(maneo)は日本のソーシャルレンディングで代表的な存在です。

なぜそこまで支持を集めているのか?

正直なところ、公式サイトを見るだけでは分からない部分もありました。「利回り」だけ見ると他のサービスと大きな差はありません。

ただ、セミナーを通じてその理由が分かりました。

  1. マネオは組織として優れている。(上場を目指せるレベル)
  2. マネオはグループで協力し合うことで大きな力を生み出している。
  3. その中で長年実績を残してきている。

セミナーでは、全ての投資家が「利回り」を最優先しているわけではないということ。安心して資産を預けられるかどうか?を見ている方が多いと思いました。

ソーシャルレンディングは人と人をつなぐサービスですが、その点においてマネオ(maneo)は群を抜いています。

ソーシャルレンディングが本格的に浸透するようになれば、いずれ日本を代表する企業になる可能性もあるほどのスケール感を感じました。

※2018年7月に起きたmaneoマーケットへの行政処分は残念でしたが、現在でも投資することはでき、本件をきっかけに更に成長してくれることを願います。

maneoのセミナーは遠方からでも通う価値あり

ソーシャルレンディングは最先端の投資と言われますが、その一方でWEBが中心となるため実態が見えにくい部分があります。

中には怪しいのではないか?と思ってしまう人もいるかもしれません。そうしたサービスは大抵の場合、表に出てきません。

実際にソーシャルレンディングを提供する事業者は急増していますが、セミナーを実施するところの方が安心できます。

現場の生の声が聞けるのは貴重!

ソーシャルレンディングはひとくくりにして評価できないほど多様化し始めています。その意味でも事業者のセミナーに参加するのは非常におすすめです。

最近は、クラウドクレジットが全国セミナーを発表し、参加しやすくなりました。
クラウドクレジットのセミナーに参加して感じたメリット【必見】

maneoのセミナーも無料でソーシャルレンディングにおいて現場の声が聞けるので貴重です。
セミナー後にはお話しもできるので気になることを直接聞くことも可能です。

ソーシャルレンディングの現状、マネオに興味のある方はぜひセミナーに参加してみて下さい。

 

Pocket