Pocket

ソーシャルレンディングの貸し倒れ

近年、老後の生活に不安を感じている人が増加しているとともに投資に興味を持つ人が多くなってきています。

かつて投資はお金持ちだけがするものでしたが、現在では少しずつ様相が変わってきており、将来の資産を増やすための手段の1つとなりつつあるのです。

そんな中、少ない資金で始めることができるソーシャルレンディングに注目が集まっています。

本記事ではその中でもっとも注意すべき貸し倒れを避ける方法について解説します。

ソーシャルレンディングの貸し倒れ(デフォルト)とは?

貸し倒れとは

ソーシャルレンディングを始めるうえで最も懸念しなければいけないのが貸し倒れによって投資したお金が戻ってこなくなることです。

ソーシャルレンディングはお金を借りたいと考えている企業に投資家がお金を融資する投資方法で、融資してもらった会社はその資本を元にビジネスをおこないます。

借りたお金なので当然返済しなければいけません。そして、返済の際には一定の利息が発生します。この利息分がお金を融資した投資家の儲けになるというわけです。

貸し付け先の事業が100%上手くいくとは限らない

ソーシャルレンディングのデフォルト

しかしながら、融資をしてもらったお金を元手におこなった事業が100パーセント上手くいくとは限りません。事業が上手くいかなければ企業として利益が出ませんから、投資家から融資してもらったお金を返済することが出来なくなります。

すると返済するまでの期間が延長されたり、場合によっては投資金の一部または全額が返済されなくなる貸し倒れが発生するというわけです。

遅延よりも貸し倒れに注意する

返済するまでの期間が延長される「遅延」については、ソーシャルレンディングでよく起こります。

遅延は最終的にお金が戻ってくる可能性がありますが、貸し倒れは損失リスクが生じます。

貸し倒れはソーシャルレンディングという投資をおこなっている以上必ず発生する可能性があるものですが、これだけは発生しないようにしなければいけません。

貸し倒れリスクを避ける方法

貸し倒れのリスクを避けるにはソーシャルレンディングで出されている案件を細かくチェックする必要があります。

高利回りの案件ほどリスクが高い

初心者はよく高利回りの案件ばかりをチェックしがちですが、高利回りの案件というのはそれだけリスクが高い案件と言い換えることも出来るので、融資する際には注意が必要です。

実際に「みんなのクレジット」と呼ばれる事業者は年率利回り最大14.5%をうたい、多額の資金を集めましたが2017年に問題が発覚して行政処分をうけています。

高利回りかどうかよりもソーシャルレンディングをおこなうにあたって最優先でチェックしておかなければいけないのが担保と信頼性に関してです。

担保があるだけで安心してはいけない

ソーシャルレンディングの担保

ソーシャルレンティング案件にはいろいろな担保が設定されていますが、担保があるからというだけで安心するのではなく、担保の中身をしっかりと確認することがとても重要です。

たくさんある担保の中で比較的人気が高いとされているのが融資先の会社が所有している不動産を担保に設定している案件です。

不動産であれば短期的に価値が暴落するリスクはとても低いのである程度安定した担保が保証されていると考えられます。したがって万が一の際にも貸し倒れを起こすリスクは少ないといえるでしょう。

実際にソーシャルレンディングで圧倒的に人気なのが、不動産担保つきの案件です。

不動産担保がついてもリサーチは必要

しかし、不動産を担保にしている案件でも貸し倒れのリスクが絶対にないわけではありません。不動産の担保では回収しきれないほどの損失を出したり、そもそも所有している不動産の価値が低い場合は損金分を賄えないこともあります。

その会社が所有している不動産の価値については不動産会社など、不動産に強い第三者にその価値を見てもらうことによって調べることができます。

分散投資で損失をカバーする

そして、ソーシャルレンディングだけにとどまらず、すべての投資に関係しているリスクを回避する方法として分散投資があります。複数の案件に投資しておけば、1つの案件で貸し倒れが発生しても別の案件で利益が出れば損失分をカバーできます。

ソーシャルレンディングは、貸し倒れが起きることを想定した上で、分散投資で損失をカバーするように意識している事業者もあります。

できるだけ幅広く分散投資することで、貸し倒れのリスクにそなえましょう。

貸し倒れリスクを避ける業者の選び方

業者の選び方

ソーシャルレンディングをおこなう上で投資する側が選ぶことができるのはお金を実際に投資する案件とソーシャルレンディング業者です。

貸し倒れリスクを避けるための業者の選び方として大切なのがやはりその会社がどれだけ安定しているかということに尽きます。

知名度の高い事業者を選ぶ

あまり名前の知られていないような会社の案件は利回りが高いものも多く、投資する側としてはとても魅力的ではありますが、特にソーシャルレンディングを始めたばかりの初心者は上場企業が出している案件から投資した方が良いでしょう。

上場企業が運営するソーシャルレンディング

  • SBIソーシャルレンディング
  • オーナーズブック
  • LCレンディング

投資をおこなう上で利益を求めることも重要ですが、それ以上に大切なのが投資したお金を目減りさせないという事です。

短期案件が多い事業者を選ぶ

そして案件の内容に関してですが、長期案件よりも短期案件のほうが利益は少ないですが貸し倒れのリスクは少ないとされています。

最初はできるだけ短期案件を回転させて、慣らしていくことがおすすめです。

具体的には1年以内の案件が良いでしょう。

事業者のセミナーに参加する

またソーシャルレンディング業者のセミナー開催時には積極的に参加しましょう。セミナーでは最新の情報を豊富に入手できるため、自分だけでは知りえないようなことを色々知ることができます。事業者を選ぶ際に活用できることもとても多いです。

私自身も多くのセミナーに参加しましたが、中でもクラウドクレジットのセミナーは投資観が変わるほど、本当に大きな発見がありました。
クラウドクレジットのセミナーに参加して感じたメリット

貸し倒れリスクの少ない事業者と理由

案件はお金に直接関係するので重視する人が多いですが、ソーシャルレンディング業者に関してはあまり重視していない人も多いのではないでしょうか?

しかし貸し倒れリスクを避けるためには前段階であるソーシャルレンディング業者も慎重に選ぶ必要があります。

業者を選ぶうえで重要視しなければいけないのが信頼性ですが、数あるソーシャルレンディング事業者の中でも信頼性の高い事業者として名前があがるのがSBIソーシャルレンディングです。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングは業界において老舗であるという点と、大手金融グループSBIホールディングスのグループ会社であるという点で高い信頼性を得ています。

また、ほかの事業者と比べて扱っている案件は利率が低いものが多いのですが、逆に言えば安定して利益を得られる案件ばかりを掲載しているということにもなります。

過去に遅延が発生した際も、経過を報告し、しっかりと回収をおこなっています。

くわしい詳細は以下をご確認ください。
デメリットはある?SBIソーシャルレンディングの評判と評価

オーナーズブック

投資家から高い信頼を得ているソーシャルレンディング事業者としてはオーナーズブックも有名です。

オーナーズブックを運営しているロードスターキャピタルも東証に上場している企業であり、高い信頼性を得ています。そして取り扱っている案件は全て貸し倒れリスクが極めて少ない不動産担保に設定されていることも高い支持を集めている理由といえるでしょう。

くわしい詳細は下記をご確認ください。
オーナーズブックの特徴と評判まとめ【良い点・悪い点】

人気の事業者は競争が激しい

SBIソーシャルレンディングやオーナーズブックのように信頼性の高い事業者は、近年、人気の高まりとともに驚くべき競争率になってきています。

人気が高いということはそれだけメリットがあると言うことですが、「クリック合戦」と呼ばれる、投資したくてもすぐに売り切れてしまう現象には注意しましょう。

ソーシャルレンディングに不安を持つ方へ

しっかり調べればリスクは避けられる

ソーシャルレンディングという投資をしている以上、貸し倒れのリスクは必ずついてくるものです。それが不安で始められない人もいるのではないでしょうか?

しかし、ソーシャルレンディングについてしっかりと勉強することによって貸し倒れのリスクは最小限に抑えることができます。

投資をしているとついつい利益に関わるものばかりに注目してしまいますが、ソーシャルレンディングに関していえばそれ以上に案件を取り扱っている事業者についてしっかりとチェックすることが重要です。

貸し倒れが発生するか否かは事業者次第といっても決して過言ではありません。

他の金融商品よりもメリットが多い

貸し倒れのリスクさえ回避することが出来ればソーシャルレンディングは1万円という少ないお金からでも始めることができますし、リスクの少ない案件にお金を投資するだけで利益を得ることができます。

更に利回りに関しても他の金融商品と比較すると平均してかなり高い水準となっているなど、メリットがたくさんある投資方法なのです。

やりようによっては、資産運用においてもっともベストな手段の一つになりえます。

株式やFXと違い、ソーシャルレンディングは豊富な知識も必要ありませんし、運用する手間も一切かからない点も大きな魅力といえます。

今回挙げた注意点を意識しつつ、上手にお金を増やしていきましょう。

Pocket